新築やリフォームでも内装材にお勧めのエコカラット。

バナー

新築やリフォームでも内装材にお勧めのエコカラット。

リフォームによる快適な住まいづくりや、家づくり検討している場合、日本特有の気候を踏まえて検討する事が大切です。

特に快適な住環境を手に入れる為にも、内装材質の選定はとても重要です。

東京のフロアコーティングの情報を提供しているサイトです。

例えば室内の内装材には調湿効果を持ったものを選ぶなど、快適な住まいづくりには欠かせないポイントです。

調湿効果が高いことによるメリットは、室内の湿度が高いとじめじめ感が高まり不快指数が上昇するからです。

その為、それを低減する事は快適性に大きく寄与するからです。

しっかりとしたlivedoorニュースの情報はこちらです。

家族全員が快適な住環境を得る為にも、高い調湿効果をもった壁材を選ぶ事がポイントです。

そもそも調湿とは、湿度を一定に保つことです。

具体的には湿度が必要以上に高い際には吸湿し、逆に湿度が低いと放出して湿度を上げることを指します。


季節に当てはめると梅雨時期など、湿気が多い時は吸湿をして湿度を下げ、冬場など乾燥しがちな時期は湿気を放出し適切な湿度にするということです。
このような材質は各メーカーより様々な形で販売されております。

例えば、珪藻土や調湿壁紙などです。

そして各材質の中でもお勧めの壁材がエコカラットです。


エコカラットは多気孔質物質の壁材です。

この細かい多数の気孔により室内の湿度を吸湿や放出をする事が出来るので、適切な湿度を保つことが出来ます。

そして、このエコカラットの特筆すべき点は優れた調湿の高さです。具体的に珪藻土の平均5倍の調湿効果があり、室内空間を常に快適にしてくれます。
さらに、いつも一定な湿度を保つ為、ダニ対策やカビ発生を抑えるのもお勧めのポイントです。

そして、空気中の有害な物質をエコカラット自ら吸収し有害物質フリーな空気を作る事が出来るのも、エコカラットならではです。



Copyright (C) 2016 新築やリフォームでも内装材にお勧めのエコカラット。 All Rights Reserved.